モニタープレゼント当たりました。

画像

ブログをしてなかった時には、ほぼ当たりませんでした。
冷し中華の料理レシピ
冷し中華の料理レシピ

初モニターです。
さっそく、届きました。
画像

まずは、「マルちゃん北の味わい ざるラーメン」から行きましょう。
見てすぐ、ちょっとイメージが沸いたのでとりあえず、作ってみました。
1袋2人前なので2人前の分量で。
 (材料)きゅうり1/2本、長芋10cmほど。のり、わさび。

 (作り方)基本、作り方の書いてある通りに作ります。(茹で時間3分ですが、少し短めが、我が家の好みです。)

      1)湯を沸かし、麺を茹でている間に長芋ときゅうり別々に、すりおろし、きゅうりは水分をゆるく絞ります。
       (完全に絞らないでね。水分が残るくらい。)
 
      2)附属のタレを器に入れ、長芋、きゅうりを入れ、もみのり、わさびも入れて。

      3)そのまま、つけて食べましょう。



   試しに別々につけて食べてみました。
   きゅうりは、水っぽく長芋は以外にも喉につっかえるみたいで食べにくかったので、2つ合わせた方が
   美味しかったですが、きゅりも長芋も千切りにした方が、もっと食べやすい気がします。
   チャレンジされる方は是非、千切りで試してみて下さい。

   うちの曰く、麺の方にサラダ水菜とかベビーリーフとかを混ぜこんで、タレの方には、茗荷や大葉やごまを
   入れて、うずらの卵を入れて、好みで七味(うちは一味ですが)も美味しそうと。

   マルちゃんの麺は細くてツルツルの喉ごしで大好きです。
   何より早いしアレンジしやすいですよ。夏、そうめんばかり食べている人にはお薦めです。
   我が家には少し味が濃かったので、薄味がお好みの方は、だしを少し入れると、いいかもしれません。

それから夕飯メニュー

以前から作りたいメニューがあり(京都 宮川町「水簾」の料理長の島谷宗宏さんが書かれた本の「穴子の桜蒸し」

だけど、この本、ネットで注文しまして、料理人の(あまり一般の主婦向けの料理番組とかされてない方に多い)
方の料理本って細かい分量がなかったり、普通、そういう材料、使わないよねという内容や手順が、ごっそり
無くって、この本もそれ。
実際、本屋で見て買うと手を出さなかったりするのですが、手を出してしまいました。
だって、美味しそうだったんだもの。

生の穴子捌けないし、蒸し穴子もこの辺では見ません。ほとんど照り焼きみたいなの。仕方ない白焼きで代用。
道明寺粉なんて使ったことないよ。
ほら~戻すって出汁の分量ないし・・・。失敗の予感しかしない。
ぐわっ何この砂糖の量。考えられない半分より少なめにしよう。この感じからすると、きっと1口か2口で食べれる量。道明寺粉、多めにしよう。
画像


結局、穴子を煮て、道明寺粉を俵型にしてその上に百合根その上に穴子で巻いてその上に桜葉を巻いて蒸して
(蒸すのも書いてない)こごみを付け合わせ、葉の上に山葵、その上に桜花を乗せて、穴子の煮汁であんを作り
かけるのですよ。
いっぱい失敗ですよ。まず、道明寺粉を戻す時の出汁が多すぎて、すでに握れないくらい柔らかい。
これを蒸すと、もっと柔らかくなるじゃないか~。色ももう少し薄くても良かったかな。

白焼きだから煮汁に焦げが・・・しまった漉してない。

今回は、こごみ、百合根は不使用。で、道明寺粉が多すぎて、これだけで蒸して餡をかけたものを先に食べたら、
あら美味しい。
そして見た目は悪いけれども穴子の方を食べたら「何これ!べらぼうに美味しい!」うちのは、他の料理は美味しい
と言ってくれたものの、これには感想がない。「美味しくないの?」と聞いたら「べらぼうに美味しい時は無言で、
ばくばく食べるじゃないの。」
次、作る時は、もっと上手に作る自信ある!しかし、プロすごいわぁ。本当に上品で美味しかった。
画像

うちのの大好きな、ぬく奴(温かいお豆腐です。薬味は、ねぎ、生姜、鰹節、だしは日本酒たっぷりに醤油、みりん、
砂糖を沸かします。)

画像

いさきが、いたので塩焼きに。

画像

小松菜の卵炒め
画像

さつま芋の煮物。これ、すごく美味しいの。うちのは、かぼちゃとか、さつま芋、甘いからって食べません。美味しいのに。

慣れない料理で、ちょっと疲れました。美味しいものを作ろうと思えば手間が、かかるのは仕方ないですね。

この記事へのコメント

ryuji_s1
2015年05月17日 10:12
zabukoさん
おはようございます
マルちゃん北の味わい ざるラーメン
モニター 良いですね
楽しめますね
おいしそうです
zabuko
2015年05月17日 11:32
こんにちは。
来た量を見て、うちのが「え~毎日、麺?」とか言ってたくせに
何だか楽しそうに、「ああしたら、こうしたら・・・」とかって
言ってます。
実験君みたいになってます。
普段から、「これは、こうしてみたら、どうだろう?」とか
言ってるので血が騒ぐんでしょうかね(笑)
きっと私より楽しんでますね。

この記事へのトラックバック