毎年恒例

「ささまき」(粽)の季節です。祖父(母方)が生きてた時には毎年、この時期に山に
行って熊笹を取って来て米を石臼で挽いて作って送ってくれてました。

ここ数年、買ってるけど祖父の程は美味しくはない。母いわく自分家の山で採れたての熊笹だから香りも強いし、石で挽くから粉が、きめ細かいから感触が違うんだろうと。

時期が限定されていて予約だし、すぐ無くなるから、予約をした。その後、昨年の話を夫にされる。一人は、食べ方を書いた紙を一緒に渡したけど、面倒くさかったようで今年はパス。

元義妹とその妹のところにも持って行ったが、予約をした後にその話を聞いた。
元義妹の妹の御主人、もう1本、食べたかったけど、子供に先を越された。大人だから泣く泣く涙を飲んだと。
そんなに美味しかったなら、今年も、おすそわけすれば良かった。来年だね・・・。

そんなわけで今年は、ちらし寿司を貰った叔父の家と姪っ子が大好きなので実家に。
娘にも送ってやりたいが、日にちが合わない。
画像

画像

カツが見えないけどカツ丼
画像

小松菜とアゲの煮物
画像

きゅうりと茗荷の酢の物
画像

おくらの梅鰹和え

ワカメスープは写真、撮り忘れた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ryuji_s1
2017年06月05日 07:56
zabukoさん
おはようございます
カツが見えないけどカツ丼
小松菜とアゲの煮物
きゅうりと茗荷の酢の物
おくらの梅鰹和え
素晴らしいお料理
献立
美味しそうです
zabuko
2017年06月05日 12:10
ryuji_s1さん、こんにちは。コメントありがとうございます。「カツ丼」久しぶりだねと夫に言われましたが、そんな久しぶりでは、ないと思うんだけどなと不思議に思ってしまいました。

この記事へのトラックバック