育児書3

よくある育児のトラブルとして載っていた「遊んでいて、おもちゃを取られる。」
これも我が家は問題なし。近所は、うちの子より、かなり大きい子ばかりだったのと、少し離れた市場に、同い年の
男の子が、いて買い物に行くと必ず彼の三輪車に乗せてくれて、「僕が押して、あげるから漕がなくても、いいよ。」と彼のお父さんの話では他の子には絶対、貸さないらしく触っても怒るとか。「もう小ZABUちゃんのことばかりで、お父さん、小ZABUちゃんは、何で、あんなに可愛いんだろう。僕は小ZABUちゃんと同じ幼稚園に行くから、お父さん、小ZABUちゃんの、お母さんに、どこの幼稚園に行くか聞いてね。」と。

毎回「小ZABUちゃん、何で、そんなに可愛いの?お顔も可愛いし、お洋服も可愛いし。」って、ぞっこんでした。うちの子は言葉が遅かったので全く喋らないから、つまらないだろうと思うんですけどね。

そして少し大きくなって集団で遊んで意地の悪い子が、遊ぶおもちゃを次々に取って行っても、うちの子、めちゃくちゃ物に執着が無いのか怒ることも無く、あっそう、じゃあ、こっちで遊ぶし。と次々、取って行く子の方が
ふらふらになって諦めるぐらい、切りかえが早く、すぐ集中するので、気にもしない。

ブランコ、滑り台になると、いきなり仕切り出して「はい、ここに並んで。順番よ。」と上手く仲良く遊べるように、するという。

なので、全く困ったことが、有りません。人を叩いたりすることも無いですし、幼稚園で叩く子が居たのですが(障害の有る、お子さんで遊んでほしい子を叩くと)その説明を先生からされて、じゃあ、しょうがないか。
「その都度、ちゃんと「遊んで。」って言おうね。」って説明するしかないねと。

これも、あまり困ったことが有りませんでした。

CIMG1068.JPG
鱧のおとしは柚子胡椒で。きゅうりの塩もみを添えて。「美味しい。次回は照り焼きが食べたい。」と夫。
了解です。
CIMG1069.JPG
鮭のホイル焼き、しめじ、にんじん、もやし、わかめ。
CIMG1070.JPG
れんこんのおかか煮
CIMG1071.JPG
厚揚げは、ネギと生姜で。
CIMG1072.JPG
タラモサラダ



母が来る

聞きたいことが有り母が来た。それについては、すぐ解決。今日は、お魚市の日で、おこぜとツバスを買ってきた。
母は魚好き。お刺身は、しょっちゅう義妹が買って来るが母には当たらないらしい。
姪が「お婆ちゃんも食べたらいいのに。」と言って義妹が皿に入れてくれないと食べられないらしい。

酷い話である。なので、「お刺身、持って帰る?」と、その場で卸す。で、持って帰ったら多分、食べられないので「うちで味見して帰ったら?」と皿に盛る。半身と、ちょっとを持って帰りと。

夫が母が帰ってから「ごめんな。僕に経済力が有ったら、お母ちゃん引き取れるのに・・・。」と。
有り難い話です。

CIMG1061.JPG
ツバスの刺身
CIMG1062.JPG
アラ炊き
CIMG1063.JPG
ベーコン、コーン、小松菜の炒めもの
CIMG1064.JPG
厚揚げ、大根、練り物の煮物
CIMG1065.JPG
茄子の煮物
CIMG1066.JPG
オコゼの唐揚げ
CIMG1067.JPG
りんごでした。
CIMG1060.JPG