リアルヒッチコック「鳥」

鳥には怖い思い出が多いが、よく、どこか近くで鳥の鳴き声が聞こえインターネットの便利さを痛感する。

鳴き声で検索。そうすると警戒するのか全く鳴かなくなる。

怖い思いは、よく子供の頃、縁日でカラーひよこを売ってたり、くれたり。ずっと、あの
まんまで成長すると思い、毎回、鶏冠が出てきて失望するのだった。
次こそは・・・と学習能力が無いくせに、一緒に貰ったり、買った友達は数日後に
ひよこは死ぬのに、我が家は、全て鶏に成長するのだった。

そして最大10数羽だったと思う。父が大きな鶏かごを作ってくれたものの、狭い。
日に数回、お散歩が必要なぐらい、ストレスだらけ。そうすると、その時間を覚えているのか、ノラネコが集まってくるのである。

ところが、うちの子達、気性が荒いので猫ごときには負けない。しかも、結構
飛ぶし・・・人間様も襲うのである。
毎回、凝りもせず、育てると親の言うことも聞かない私に父は近くにある鶏肉の加工場に、自分で持って行き、交渉して引き取ってもらいなさいと。

箱に入れても持ち手に手を入れると、つつかれて痛いので、弟と二人、段ボール箱を足で蹴りながら、持って行き、交渉した。
その時のことが悲しくて二度と飼おうとは思わなくなった。

鶏は、ものすごく凶暴である。それ以来、鳥全般、怖い。

そして二度目は子供が、まだ幼稚園の頃、毎日、川原にいる土鳩や雀、ゆりかもめにパンをやりに行っていた。
毎日、やってると、時間になると集まって来て、それを狙ってカラスや鳶も集まって来て、帰る時には家まで鳩が着いて来て、外出の度に鳩が着いて来るように。
その後、公園の鯉に麩をやりに行っていて、夫に「お父さんは何百人、養えばいいの?毎日は、やめなさい。」と言われて止めた。

鳩も怖くなったし、鳥インフルとか鳶も危ないし、ユリカモメも結構な大きさで怖かった。


そしてリアルヒッチコックはツバメの巣立ちの頃、普段、見ないような数のツバメが。
試しに鳴きまねをしたら、その何倍ものツバメが集まって来て、しかも、すぐ目の前に。真っ黒になるぐらい集まって、怖かった。

きっとツバメにとったら何か意味のある鳴き声に聞こえたのだろう。背筋が凍る思いをした。
画像

ワラビと破竹の木の芽和え
画像

ナメタケ豆腐
画像

もやし、ピーマン、卵の炒めもの
画像

えびせん
画像

麻婆茄子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック